Japanese Study

2011年2月3日木曜日

初めて会う人とのあいさつ

初(はじ)めて会う人とのあいさつ
* はじめまして。山本一郎(やまもといちろう)と申します。どうぞ、よろしくお願いします。
* はじめまして。鈴木(すずき)です。こちらこそ、よろしくお願いします。

あいさつが遅(おく)れた場合
申し遅れましたが、わたくし 鈴木良夫(すずきよしお)と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。すみません。申しあげるのが遅くなりましたが、今井でございます。よろしくお願いします。

仕事(しごと)で初めて会う人とのあいさつ
* 株式会社(かぶしきがいしゃ)タカハシ営業部(えいぎょうぶ)の金子(かねこ)と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。
* この度(たび)、御社(おんしゃ)担当(たんとう)となりました日本橋(にほんばし)営業部(えいぎょうぶ)の坂田(さかた)です。よろしくお願いします。

仕事のあいさつ(自己紹介)では、通例(つうれい)、名刺の交換(こうかん)が行(おこ)なわれる。名刺は目下(めした)の者、または訪問(ほうもん)した側(がわ)から先(さき)に渡(わた)す。目上(めうえ)の相手が先に名刺(めいし)を出(だ)したときは名刺(めいし)をうけとり、「遅れまして申し訳(わけ)ございません。」といって、すぐに自分の名刺を渡(わた)す。

名刺を渡すときには、所属(しょぞく)と姓(せい)をはっきりといって渡(わた)す。名刺(めいし)は、両手(りょうて)で持(も)って胸(むね)の高(たか)さで渡(わた)す。名刺(めいし)を持(も)っていないときは、謝罪(しゃざい)のあいさつをする。\ * 申(もう)し訳(わけ)ありませんが、ただいま名刺(めいし)を切(き)らしておりまして。
* 申(もう)し訳(わけ)ございません。あいにく名刺(めいし)を切(き)らしております。

相手(あいて)の名刺(めいし)を受(う)けとるときには両手(りょうて)で受(う)けとる(「ちょうだいします。」という)。表(おもて)(と裏(うら))を胸(むね)の高(たか)さで読(よ)んでから、「田中様(たなか)でいらっしゃいますね。」のように相手(あいて)の名前(なまえ)をいう。名前(なまえ)の読(よ)み方(かた)がわからないときには質問(しつもん)する。

* 失礼(しつれい)ですが、お名前(なまえ)はなんとお読(よ)みしますか?
* お名前(なまえ)はなんとお読(よ)みすればよろしいですか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿